赤ちゃんの行事について知っておきましょう

出産祝いを贈る場合、なるべく早めが良いですがタイミングを逃した場合は行事に合わせて贈りましょう。
出産祝いを贈るのに最適なのは、お七夜やお宮参りが良いと言われています。
赤ちゃんの名前は生まれてから一週間以内に決め、健やかな成長を願うことが代々受け継がれてきています。 名前が決まったころで、お七夜に名前入りで出産祝いを贈るのが適切でしょう。
赤ちゃんに関する行事は内々で行われることも多く、お披露目の連絡が来たらその時に渡すのも良いでしょう。
お宮参りは男の子は生後32日目、女の子は生後33日目に行います。
お宮参りは基本的には地元の神社に赴きますが、初めて外に出る機会です。
お宮参りで初めて外に出る場合もありますので、それを考慮したプレゼントを贈るのも良いでしょう。
お食い初めは生後100にちごろにお祝い膳を用意し、食べさせる真似をする行事です。
初節句は女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日に端午の節句にお祝いします。
初節句は赤ちゃんが生後1~2ヵ月の場合は来年に延ばされます。
赤ちゃんについての行事は内々のものも含めると生後一年間で多々あります。
行事に合わせて素敵なプレゼントを贈りましょう。