出産祝いのマナー

一般的に、出産祝いは親戚・家族・友人に子供が生まれた場合に贈るものです。
出産祝いとして贈る御祝い金の相場額は約5000円~1万円くらいが良いとされています。
贈る側の年齢や、相手との関係性を考えたうえで、妥当である品物を贈るようにしましょう。
出産祝いはだいたいの相場が決まっているので、5000円~1万円で十分になります。
とても高い金額の品物を贈ってしまうと、相手も迷惑ですのでその点には注意しましょう。
出産祝いは相手への気持ちが重要ですので、値段ではなく一生懸命選ぶことに意味があります。
生まれる前に出産祝いは贈ってはいけません。
生まれる前に出産祝いを贈り、死産だった場合はトラブルの元となりますので気をつけましょう。
メッセージを添える場合、縁起が悪い言葉や数字は使ってはいけません。
御祝い金には新札を使い、使い古されたお札は使わないようにしましょう。
最近ではインターネットなどで通販を利用して出産祝いを贈ることもできるため、非常に手軽に済みます。
出産祝いを郵送する場合は、必ずメッセージを添えて贈らなければなりません。
出産祝いに贈る品物は基本的には個人の自由です。
オリジナルの絵本や手作りのプレゼントでも、失礼がないものならばマナー違反にはなりません。
マナーを正しく守り、素敵な出産祝いを贈りましょう。