出産祝いには何を贈ればいいのか

出産祝いの品物は、特に相手の希望がなければベビー服を贈るのが一般的と言われています。
ベビー服などはすでに準備してある可能性が高いので、聞ける場合はなるべく聞いておきましょう。
贈り物ですが、あらかじめ欲しいものを聞いてから買うというのも一つの方法です。
間違っても出産前に出産祝いが届くことがないように、注意しましょう。
産後一ヵ月以内に相手に届くと、相手の手間が一番少なく済みます。
贈るタイミングを逃してしまった場合は、産後一年未満であれば贈っても大丈夫です。
出産後一年超えてしまっている場合は、誕生祝いとして贈るようにしましょう。
出産祝いを逃してしまった場合は、クリスマスや初節句に贈ると良いです。
昔の出産祝いは、お宮参り用の祝い着を妻側の実家から送るものとされていました。
現在の出産祝いは昔からのしきたり通りではなくなっており、友人や知人から贈るものになっています。
性別が分かっている場合、色合いに気をつけ、相手に似合ったものを贈りましょう。
男の子の場合は寒色、女の子の場合は暖色が向いています。
何を贈ればいいか悩んだら、現金や商品券を贈ると良いでしょう。
現金は失礼なので、商品券を贈るようにしましょう。