出産祝いとは

出産祝いとは、友人や知人に出産のお祝いを贈ることです。
よっぽど親しい相手ではない限りは、出産祝いを入院中に贈ることは控えるようにしましょう。
出産祝いは、通常出産後一ヵ月以内に贈ることが目安になっています。
メールやカードなら入院中でも良いですが、品物を贈る際は退院後にししましょう。
お祝いの表書きは、「御祝」「御出産御祝」と書いてあるものを使用します。
水引は、紅白の蝶結びのものが良いです。
日本では出産祝いを頂いた場合、お返しを贈る習慣があるのため、なるべくお返しをするようにしましょう。
お返しの金額の目安は、頂いた金額の半分以下くらいのもので大丈夫です。
お返しをする場合、表書きには「内祝」と書き、子供の名前を添えて下さい。
お返しの水引は、紅白の蝶結びのもので良いです。
出産祝いを頂いてから一ヵ月以内にお返しの品物を贈るようにしましょう。
出産祝いのお返しには、お礼状などの手紙を添え、感謝の気持ちを込めて贈るようにすると良いでしょう。
特に女性の場合、出産祝いを贈る・返す機会が増えてくると思います。
出産祝いの正しい知識を身につけ、これから役立てていけるようにして下さい。
通常でしたら、産後は一週間ほどで退院となりますので、出産祝いを贈るならそのタイミングが最適です。

親では分からない、客観的な視点からの教室でのお子様の様子を報告します。 受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 お受験の対策なら伸芽会にお任せ!